<写真ギャラリー2005☆その2>

<4月>
ひなたぼっこ中〜とんぼいけ公園で姑に作った、おいものおやつをお裾分け・・ベロベロに舐められちゃったよ(笑)
ドンちゃんと、はなちゃんご挨拶・・はなちゃん、ビビリまくりです、なぜか(笑)ボールと言うと、ガウガウするドンちゃん、なぜに〜?はなちゃん、ももちゃん、モアイちゃん、ハイ、みんなお座り!
桜見物に行って写真ばっか撮るから、少々不機嫌なはなもも?満開やった〜
モアイが、インラインスケートを始めた・・思ったより難しかったらしいはなちゃん、好き好き♪思い届かず、吠えるももちゃん・・はなちゃん、知らんプリン(笑)
結婚10周年を記念して訪れたレストラン初めてのジャズパブホテルからの夜景
花博記念公園鶴見緑地にてチューリップの丘チューリップの前で・・はなももが着ているのは、R&Remyさんで作って頂いた洋服です♪
海とのふれあい広場は、駐車場もドッグランも無料〜(素敵!)お風呂の後、高い高い〜♪で遊んだももちゃん蜻蛉池公園のつつじ・・花よりモグモグ

3月は、ももちゃんのことで、苦しい気持ち&迷いがあり、しばらく日記を休んでいたけど、4月から更新再開。
お友達から、ノニを勧めてもらって、4月9日(土)から、朝晩1日2回、はなももに25ccずつあげるようにしたよ。
すると、ももちゃんがエロももちゃんに変身?!(実らぬ恋だけれども・・笑) 関係あるのかなぁ?
1週間後からは、朝だけ25ccあげることにした。
夜は、ハーブの粉末と、野菜ジュース(途中から無塩に変えた)を25ccずつと、デコポン少し。
免疫力がアップして、悪い病気退治が出来ないか・・という苦肉の策である。
ももの腫瘍は、大きく腫れたまま。首の後ろの方も全体的に腫れてる感じがあり、マッサージをすると、気持ちよさそうにする。元気、食欲はある。散歩も今までどおり。
はなの首の後ろの小さいグリグリは変化なし。左目のメバチコも、少し大きくなったまま変化なし。
2回ほど、左目の目頭の白いところが膨れたが、次の日には治った。
9種混合ワクチンの時期が来ていたが、ももの体調が心配で、4月は受けさせられなかった。
5月は、まず狂犬病の注射を受けて、混合ワクチンについて、動物病院で相談してみようと思う。

通とモアイのことでは、結婚10周年を迎え、記念に大阪の街ブラブラ&お泊まりに行ってきた。
朝方まで眠れなかったほど、久しぶりの大阪の夜の街、初めてのジャズ・パブ体験が刺激的だったみたい。(笑)
はなももとは、桜見物、チューリップ満開の花博記念公園、海とのふれあい公園(堺市)のドッグランにお出かけしたよ。



<5月>
きゅうり、おいちいな〜ももちゃんおもしろい顔〜はなちゃん(笑)ゴールデンウィークの公園は、バーベキューの人でいっぱいだったので、つつじが満開の道を歩いたよ
二色の浜海浜緑地にも行った畑でタマネギ収穫母の日に、小さなカーネーションアレンジを持って、はなもも連れて行ったよ
ももちゃんの気持ちよさそうなあくびはなももはなちゃんも、あくび
蜻蛉池公園のバラ園・・つるバラが満開だった♪黄色いバラと、はなもも公園で、おやつタイムのはなもも
新しい敷物で、気持ちよさそうに寝ころぶ、ももちゃん浜寺公園のばら庭園・・十二単の色に植えられたバラノニヨーグルトを舐める、ももちゃん・・入れ物転がさないで、上手に舐めるねんよ〜2匹とも
二色の浜をお散歩おやつぱくっ、ももちゃんはなちゃん、爆走中
お風呂上がりのももちゃん・・あと何回、お風呂に入れられるやろう・・なんて、ちょっと考えたりしたモアイと押し合いの、はなもも家の前で・・ももちゃん、首〜アゴの下んとこ腫れてる

5月も、何事もなく、過ぎて欲しかったけど・・
中頃に、狂犬病の注射のために動物病院を受診。(若い女の先生)
ももちゃんの血液検査で、肝機能を表す検査値が少し高かった。肝転移かもしれないし、ドッグフード以外の食べ物が原因かもしれないとのこと。レントゲンの検査は、春に続けて受けたので、もうちょっと先に受けることにした。
体重は、2匹とも11.9キロで、若干太り気味かなぁという程度。
とりあえず、ドッグフード以外の食べ物をやめ、ノニの量も少なめにすることにした。

そして、月末頃、だんだん、ももちゃんのアゴの下が腫れてきていたんだけど、
声が変やな〜、かすれてるな〜って気付いた。余所の犬に出会ったときも、興奮はするけど、声が出しにくいみたいで、あまり吠えない。ぐふっと、鼻もよく詰まらせる。
心配で、病院へ連れて行った。院長先生が診てくれた。
熱はない。口の中を診てくれ、扁桃腺も腫れてない。アゴの下から首の腫れは、やっぱり、腫瘍が広がったんだと考えられますと。抗生物質とステロイドの注射(白くどろっとした)を受け、飲み薬(2種類)を3日分もらった。
薬が効くかどうか(腫れがひくかどうか)診たいので、飲み終わった頃に連れてきて下さいとのこと。
体重は、11.4キロで、500グラム減少していた。(少しダイエットしようと、フード減らしていたし)
動物病院で待っている間、他の犬を見ては、興奮していたんだけど、興奮すると、少し息苦しいみたいだった。

3月初めに、検査のための手術を受け、大学病院を紹介され、3月中頃に、針をさして細胞の検査を受けた。
そして、悪性の腫瘍が疑われると聞いてから2カ月。
ももちゃんの体力の回復と、自分達の気持ちを安定させるのに時間が必要だったし、
ももちゃんが元気なうちは、あちこち遊びに行って、楽しく過ごしたかった。
病院がよいは、したくなかったんだ。
だけど、もう、そうも行かないなぁ。
ももちゃんが苦しいのは、可哀想だから。
院長先生は、しばらく間があきましたねって言われたけど、詳しい話はしなかった。
これから、お世話になります、よろしくお願いしますと、頭を下げて帰って来た。
薬が効いて、腫れが少しでも治まると良いけど。

と、こんな状況だけど、本犬は、おやつを前にすると、すご〜く元気。
ぴょんぴょん飛び跳ねて、催促してくれる。だから、ちょっとぐらい、おやつあげるんだ。
楽しい方が、元気が出る方が、大切だと思うから。

はなちゃんの方は、左目のめばちこだと思ってたのが、腫瘍かもしれませんと中頃に受診したときに言われ、引き続き、経過観察中。大きくなるようだったら、麻酔をして切除しましょうって。
首の後ろのしこりは、大きくなってなかった。

姑は、物忘れがひどくなっている。毎週面会してるのに、3〜4カ月も来てくれへんと言う。
そんな風に思っていたら、寂しいやろうなぁ。でも、日にちの感覚ないし、忘れるんやから仕方ない。
なんでも頑固に否定してくるところに、つい腹が立つ。モアイは平気、慣れてると言う。

そして、畑のタマネギ・えんどうの収穫・片付けをして、完全に終わり。
畑、またいつか、出来るといいけど。

最後に、しあわせな話題・・みるくちゃんが4月29日に6匹の子犬を出産し、ホームページ「みるくのお部屋」で、経過を見せてもらうのが楽しい。1カ月で、ずいぶん大きくなったなぁ。







<6月>
6月1日(水)・・おやつにどんぐりお目目6月2日(木)・・仲良く並んで、ノニヨーグルトをなめる、はなもも6月3日(金)・・目力がなく、元気のない、ももちゃん
6月4日(土)・・病院で6月5日(日)・・紀ノ川サービスエリアで家族写真同じく6月5日(日)・・野上ふれあい公園で、モアイとはなちゃん
同じく6月5日(日)・・ももちゃん、だらんとして、今までで一番重かったんやよ同じく6月5日(日)・・2匹で同じく6月5日(日)・・ももちゃん、いちばんいい顔してくれた写真・・ジュンさんの作ってくれた洋服着てるよ
6月6日(月)・・おやつのチーズビスケットを欲しがり、元気が出たももちゃん6月7日(火)・・ノニ飲まなくなっちゃったね・・後で考えたら、酸っぱいからノドがしみるのが嫌だったのかもね6月8日(水)・・朝から調子悪そうやったけど、ヒヅメ噛んだら元気出てんよ
6月9日(木)・・血の混じったような液体が落ちてた日で、しんどそうで、ヒヅメも噛まなかった6月10日(金)・・心臓のお薬開始・・はなちゃんにもたれて、ぐったりしていたね6月11日(土)・・朝のお散歩へ
6月12日(日)・・りんくう公園にて、水を欲しがるももちゃん同じく6月12日(日)・・ハァハァいうので、休みながらゆっくりお散歩したけど、ももちゃんは、先へ先へ行きたがったよ同じく6月12日(日)・・太鼓橋の上で
6月13日(月)・・ひなたぼっこ中6月14日(火)・・おいしそうに皮ガムを食べるもも6月15日(水)・・おんなじカッコでヒヅメを噛む2匹
6月16日(木)・・病院で・・朝、出血のあとを見つけて・・しんどいやろうに、優しい顔のももちゃん同じく6月16日(木)・・余所の犬見て興奮して元気やったけど、ちょっとほっそりしたな・・6月17日(金)・・おかゆと煮カボチャのごはんを気に入ってくれて、ゆっくりだけど、ひたむきに食べてくれてうれしい
6月18日(土)・・夕方のお散歩前、モアイになでてもらってる、ももちゃん6月19日(日)・・父の日で、モアイ父が来て焼肉、はなももちゃんにも焼肉と野菜をごちそう・・とってもおいしそうに食べたんだよ、ももちゃんも同じく6月19日(日)・・食べた後、なでなで
同じく6月19日(日)・・モアイも、なでなで同じく6月19日(日)・・夕方、玄関前で寝ころんでいたももちゃん、とても優しい顔をしていたよ6月20日(月)・・夕食後、ハウスに戻ったとこ・・ももは、扉に鼻をのせるのがお気に入り・・これが、最後の写真になってしまったよ

ももちゃんとのお別れが、そんなに早く来るとは思っていなかった。
まだまだ大丈夫と思っていたかった。
でも、その日(6月21日火曜日)は、突然やって来たんだよ・・

6月1日(水)・・多飲、すぐ寝ころぶ。ノニヨーグルトを食べた。

6月2日(木)・・多飲、アゴの下の腫れはマシ。飲み薬(ステロイド+抗生剤)3日分終了。

6月3日(金)・・鼻ぐふぐふが少なく、呼吸しやすそう。多尿(夕方の散歩で、後半のおしっこが赤茶色)。ウンチの色黒い部分がある。目力がない。食べるの遅い。晩ご飯(ドライフード)残す。ノニ飲まなかった。

6月4日(土)・・ももちゃんの水飲みに泡が浮いている。
☆病院・若い女の先生
お薬が効きすぎているようなので、ステロイドを半分の量に。抗生剤引き続き。胃酸の出過ぎを押さえる胃薬も出してくれた。

6月5日(日)・・お座りしてるとき、おしっこがポタポタと漏れた
☆野上ふれあい公園へお出かけ
しんどそうな顔してた。でも、1枚だけ、いいお顔の写真を撮らせてくれたんだよ。ガムあげたら、はなちゃんの食べ残しの小さくなったのだけ、美味しそうに食べた。口が開かなくて、噛めなかったのかな?

6月6日(月)・・水を飲む量が少し減った。

6月7日(火)・・あくびをやめるようになっていたけど、小さな半分くらいのあくびをした。

6月8日(水)・・朝少し戻していた(水+草)。水ばっかり飲んで、ぼぉ〜っとしている。元気がないし、鼻呼吸がしんどそうやったけど、ヒヅメを持っていったら、元気出たみたい。

6月9日(木)・・朝、ハウスの前に、血の混じったような液体(ポタポタ少量)を発見。元気なく、ヒヅメ食べない。小さな咳もしていた。夕方のお散歩で、息が荒いのが気になった。夕ご飯食べるとき、のどにつまりそうな音をたてながら食べていた。
☆病院・女の先生
レントゲンで、心臓が大きくなっているのがわかった。呼吸が荒いのは、心臓のせいかもしれないし、ステロイドの副作用かもしれないので、もう少しステロイドを減らすことになった。心臓のお薬も飲むことになった。抗生剤・胃薬は、引き続き。

6月10日(金)・・心臓のお薬開始。横になると、ベロが少し出た状態になる。

6月11日(土)・・朝少し戻していた夕ご飯半分残した

6月12日(日)・・小粒のドライフードに変えた。ドライに、ウェットフードを混ぜることにした。ゆっくり全部食べた。お薬も、ハサミで小さくしてあげるようにした。おしっこ漏れあり。首のところは、中がカチカチに腫れているみたい。
☆りんくう公園へお出かけ
ももちゃん、すぐハァハァする。すごくお水を欲しがる。ビーグルとか、いろんな犬が来たけど、はなもももケンカせずにいっしょにいることが出来た。最初は、吠えようとしたよ。でも、ももちゃん、声出なかったん。


6月13日(月)
・・食欲あり。

6月14日(火)・・朝食あまり食べない。昼、皮ガム食べた。夕方は、食欲・元気があり、散歩前とご飯前、元気にバタバタ暴れ、夕食全部食べた。

6月15日(水)・・朝、ハウスからなかなか出てこない。やっと出てきて散歩に行ったが、食欲なし。ほんの少し、くちを付けただけ。お昼、おかゆとカボチャと焼きサバを少しあげてみたら、きれいに食べ、ヒヅメも噛んだ。夕ご飯のとき、ドライフードを喉につまらせ、かなり咳き込んだ

6月16日(木)・・朝、出血のあとを発見。敷物と足に付いていた。雨でお散歩なし、ハウスから出てこず、朝ご飯食べなかった。薬も飲まず。お昼、おかゆとカボチャを食べた。ベロが真っ赤だった。流れ出るほどのことはないが、口元にも血が付いていた。病院の診察を待っている間に、オエっとして赤黒いものを出した。病院では元気だったが、夕ご飯はほとんど食べず。おやつのチーズビスケットは駆け寄ってきて食べた。食事は、食べやすいようなので、おかゆとカボチャ中心に。
☆病院・女の先生
口か喉からの出血と思われる。病気が広がって、血が止まりにくくなっていると思われるので、出血がだらだら続くかもしれないとのこと。ステロイドや抗生剤の副作用を心配していることを話し、薬は心臓の薬だけにしてもらった。ももちゃん、抗生剤のむのを嫌がってたし・・


6月17日(金)
・・朝、なかなかハウスから出てこず、置いていこうとすると、出てきて、散歩に行く。朝ご飯、カボチャのところだけ食べた。お昼は、おかゆとカボチャとミンチ肉(カボチャといっしょに煮たもの)。食べ出しはそろそろだったが、残さず食べた。口の中、赤くない。ハウスの中には、少し出血のあとあり。しんどそうにゴロン。夕方の散歩で、おしっこの色・量は普通になっていた。夕食は、おかゆ+ブロッコリー+にんじん+ウインナー+カボチャを、ひたむきにひたむきに食べてくれた。ちょっと食べ過ぎかも。

6月18日(土)・・朝ご飯、少し食べただけ。昼ご飯も、少し。前足と口元に、少し血が付いていた。喉のところが、少し熱い気がした。蒸し暑く、ゴロゴロ寝ていた。夕ご飯、おかゆ+カボチャ+焼き鳥レバー+アスパラを、ほとんど食べた。食べてるとき以外は、目つきが鋭い感じ。半分くらいのあくびをするようになった。

6月19日(日)・・朝ご飯(ドライフード+犬用ミルク)、少し口を付けただけ。モアイ父が来て、焼肉をしたので、お昼は、おかゆに、焼いた肉と野菜を細かくして、まぜてあげた。美味しそうに食べた。夕方のお散歩、玄関前で立ち止まって、なかなか行こうとしなかった。夕ご飯、多めだったけど、おかゆ+カボチャなどを全部食べた。夕ご飯のあと、寝ころんでいるとき、おしっこが漏れていた。ネバネバしたものを、オエっと出した。マッサージしているとき、ももちゃんの肩まわりが、細くなったなと思った。首のところは、ゴリゴリに固く、辛いだろうと思った。

6月20日(月)・・朝の散歩は、しんどいのかゆっくり歩いた。朝ご飯まったく食べようとしない。昼ご飯、持っていっても、ハウスに入ったままだったが、はなちゃんが食べ始めると出てきて、半分ぐらい食べた。食べたあとは、ゴロンしたままで、体を拭くときもなかなか起きない。口の中を見たら、歯の外側が赤黒く汚れていたので、コットンをぬらして拭いてあげた。夕方の散歩は、ハァハァ言いながら、ゆっくりついてくる感じ。3回目ぐらいのおしっこが止まらなくなる。歩きながら出していた。夕食は、ドライフードに特製おじやを混ぜたもの。持っていっても、離れたところに座ったままだったが、目の前に置くと、食べ始めた。だいぶん食べた。その後、玄関前でゴロゴロしているとき、おしっこが漏れていた。
暑い。明日は夏至。

6月21日(火)・・午前0時半頃、外で変な音。もしかして、ももちゃん?と見に行ったら、ハウスで嘔吐していた。片付けている間、ももちゃんは興奮した感じで、行ったり来たり。まだ汚れているハウスに入ろうとしたり、家に入ろうとしたり・・そのうち、はなちゃんのハウスの前にぺちゃっと伏せて、少し息が荒かった。ティッシュでももちゃんの体を拭き、しばらくして、ハウスに戻るよう声をかけた。立ち上がろうとしないので、腕を持って起こしたら、顔を見て立ち上がって、歩いてハウスへ入り、まるまって寝た。落ち着いた様子だったので、午前1時前、私も家に入り、明日、ももちゃんにあげるためのおかゆを炊いてから寝た。

それが、ももちゃんとの最期のお別れになってしまった。
そんなに具合が悪いと思わなかった。気付いてあげられなかったことを、好きなようにさせてあげられなかったことを、ひとりで逝かせてしまったことを、後悔した。
ももちゃんは、朝、ハウスで横になり、眠っているような格好で亡くなっていた。
とても、とても、胸が痛かった。
ももちゃんは、優しい顔をしていた。苦しまずに亡くなったのかな・・そうであってほしい。
ももちゃん、ひとりで心細かったかな・・
ごめんね、ごめんね。
とても大切に思っていたのに・・

ももちゃんはお骨になった。
お骨になる前、ももちゃんの頭をなで、ありがとうを言った。

ももちゃん、安らかに。
今まで、たくさんの幸せを、ありがとう。
大好きだったよ。とても大切に思っていたよ。

ねむっているような、ももちゃん安らかなお顔の、ももちゃんももちゃん、お骨に

甲状腺ガンで亡くなったももちゃん、とても少ない病気だそうで、手術以外に効果的な治療法はないとのことでしたが、両側にグリグリが出来ていたももちゃんは、手術をやめました。
グリグリを見つけてから、亡くなるまで、4カ月でした。
短かった・・
こんな病気になって、こんな早くに亡くなってしまうとは思わなかった。8歳と5カ月でした。
寂しいです。悲しいです。
ももちゃんがいた日々が、とても幸せだったから。
またいつか、生まれ変わって、家に来て欲しいけど、ももちゃん、来てくれるかな・・

mami-mamaさんにいただいたお花・・ありがとうございましたがみ。さんにいただいた絵本・・ありがとうございましたサクラの家族さんにいただいたお花・・ありがとうございました

ももの魂は、たくさんの方の祈りに支えられて、あたたかくて幸せなところで輝いていると思います。

みなさんには、たくさんの言葉を頂きました。
励まし、慰め、助言、ありがとうございました。
言葉には、力があります。
心が伝わって来ました。

もものいない日々は寂しいですが、なんとかやっていきたいと思います。


もっと詳しく、お知りになりたい方は、2005年6月の日記を見て下さい。
同じような病気の愛犬を持つ方の参考になればと思います。
6月の日記はコチラから→



もものこと、可愛がってくれて、ありがとうございました

ももちゃんへの手紙