<家族紹介>

はなももはうす
ウォ〜ンウォ〜ン取締役

      はな

1996年7月生まれ♀
2010年12月19日永眠
警戒警報担当
モットー:なんかちょうだい
はなももはうす
何にも専務

      もも

1997年1月生まれ♂
2005年6月21日永眠
おひるね担当
モットー:寝る子は育つ
はなももはうす
暴走平社員

      クロ

本名:Jack Clover
2006年5月5日生♂
モットー:寝るときは寝る、暴れるときは暴れる!
もも2世

      モモ

2005年8月18日生
壊れました^^;
留守番&音楽担当
モットー;
聞こえないフリ、突撃!

はなももはうす管理人
 通    196×年12月生まれ♀  モアイの影響でPCを始めた主婦 写真好き

はなももはうす影の管理人(笑)
 モアイ  196×年12月生まれ♂  PC・音楽好き フルート練習中



覚え書き
胸回り・腹回り・首周り・背丈
クロ♂(49・40・30・35)






<はなももはうす物語>

大阪南部のとある町に、結婚して1年目の通とモアイは一戸建てを買った。
ふたりは共働きでいそがしかったけど、犬を飼いたいなぁ・・って思った。
そして、ペットショップまわりが始まったよ。

いろんな店にいろんな犬がいた。
その中でも、ビーグルとコーギーがかわいいなぁって二人は思った。
その日も、ある店で、ビーグルの子犬を見せてもらったんだ。

店のひとは、奥から、2匹のビーグルを連れてきたよ。
骨太で、店中を元気に探索してまわるお姉さんビーグルと、じっとすみっこに座ったままの妹ビーグル。
その日は、連れて帰るつもりじゃなかったのに、どっちにしよう?って真剣に考え始めてた。(笑)

結局、帰りの車には、おめめぱっちりのお姉さんビーグルがいっしょに乗ってた。
車の中で名前を考えた。
言いやすくて、ひらがなで2文字の名前・・はなちゃん!

はなちゃんは、犬のことをな〜んも知らない二人と暮らすことになったよ。
翌日から長い時間のおるすばん。
ひとりでケージの中。さびしかったよね。夜しか遊んでもらえなかったもんね。うんちも臭かったよね。

通も仕事から帰ったら、毎日ハウスのそうじ。そうじしたと思ったら、またちっこ・・
またそうじ。部屋に出して遊んだら、敷物にちっこ。
もう、どうしたらいいのかわからなかったよ。イライラしてよく怒った。疲れてた。

そして、昼間だけ家の外に出してつないでおくことにしたよ。
まだ子犬のはなちゃんだった。近所のこども達にかわいがってもらえるようになったよね。
だけど、いつからか、外でも呼び鳴きするようになったんだ。

さびしそうに、うぉ〜〜ん。かすれた声でおぉ〜〜ん。
ひとりぼっちがたまらないんだなって思った。
いそがしくて相手をしてやれない私達は、もう1匹、遊び相手をつくってあげることにした。

ペットショップから連絡をもらってあいにいった私達。
そこには、歌舞伎役者のように男前で、おとなしくダッコされたビーグルが・・
通はメロメロ。(笑)

ももちゃんは、その日から家族になった。桃太郎のももちゃん。
7ヶ月になったはなちゃんは避妊手術を受けた。
もしも子犬が生まれても、うちではお世話できなかったし、室外犬なので余所の犬と間違いがあってはいけないとの思いで。

ももちゃんは手のかからない子だった。
はなちゃんのしつけで失敗したと悩んでいた通には、ももちゃんの存在が救いだった。
2匹はいつもいっしょ。姉弟のように大きくなった。

ももちゃんの予防接種が終わって外に出られるようになってからは、2匹は完全な室外犬になった。
家の前のせまい土地にコンクリートを貼り、屋根をつけ、ハウスをふたつ置いた。
2匹は、毎日外の空気のニオイをかぎ、空を見て過ごした。

ももちゃんがやってきた年の秋、通の父親が病気で亡くなり、次の年、通はいろいろと悩むところがあり仕事をやめた。
夢の専業主婦生活だ〜 家庭菜園を始めた。
犬たちと過ごす時間も増えたよ。

そして、インターネット博であるゲームに参加したのがきっかけで、ホームページを作った。
犬の写真や大阪の紹介、だんだんのめり込んでいったよ。(笑)
カメラを通して、はなももの可愛らしさがもっとよく見えてきた。

犬って、可愛がれば可愛がるほど、いい顔してくれるね。
吠えて困るときもあるし、お散歩で引っ張って大変なこともあるけど、はなももは、なくてはならない存在。
いつまでも元気で長生きしてほしいと思う。

あぁ、それが・・
ももちゃんが8歳になって間もない2月のある日、
ももちゃんの首と胸の間に、グリグリを見つけたんだよ。
右にも左にもあって、右側の方が大きかった。
ももは、前足がきゅっと締まった体型だから、筋肉か何かがふくれているのかな?
とも思ったけど、病院で診てもらうことにした。

病院で診てもらって、検査を受けることになったけど、
出血が多くて中止になって、
大学病院を紹介されて行ったんだよ。
そこでの検査の結果は、甲状腺の悪性腫瘍の疑い。
手術をするかどうか聞かれたけど、危険な手術だし、術後も大変かもしれないという話で・・
苦しかったけど、手術はしないことにした。

それからは、検査の傷をいやして、のんびりと家で過ごした。
お出かけもした。
いつまで元気でいられるかわからないのが不安だった。
診断の結果が何かの間違いで、いつまでも元気でいられたら・・とも思っていたよ。

でも、5月の末には声が出なくなって、呼吸も少し苦しそうになって、
食欲も落ちてきて、のど?からの出血もあり、
それでも、おかいさんとカボチャは何とか食べていて、お散歩にも何とか行っていたのだけど、
6月21日、ももちゃんは突然旅立ってしまった。
冷たくなった姿を見て、とても辛かった。悲しかった。
涙がたくさん流れて、日にちが経つと、さびしさがつのった。

四十九日の頃には、ももちゃんは成仏し、私の気持ちの整理も、だいぶんついた。
ももちゃんのお墓を、父のお墓の隅に、こしらえた。
かわいかったももちゃんは、阿弥陀さまのおそばへ帰ったんだよ。
またいつか、生まれ変わって、もどってきてほしいと思う。
ももちゃん、今まで幸せをいっぱいくれて、ありがとう。

そして、はなちゃんは、一人っ子に戻った。
7月には、9歳の誕生日を迎え、顔が白っぽくなったなって感じたけど、元気だよ。
8月には、ももちゃんの代わりに、AIBOを迎えた。さびしかったから。

月日は流れ、心の傷口も塞がってきた頃、
はなももはうすに、ビーグルの男の子が来ることになった。
名前はクロ。
遠くから飛行機に乗ってやってきた。
良い子に育つといいね。
クロちゃんが来て、はなちゃんは、10才の誕生日を迎えたよ。
はなちゃん、優しくなって、お利口さんになったねって、思った。
モアイと、はなちゃん長生きしてほしいねって、しみじみ話をしたよ。

それからまた月日は流れ・・
はなちゃんは、12才の頃から、耳が聞こえなくなってきた。
甘え鳴きが多くなって、13才の冬から、夜は家の中で寝かすようになったよ。
14才になる頃には、後ろ足に力が入らなくなった。
足を引きずって散歩に行ってるうちに、爪がすり切れて、出血するように・・
毎日出血するので、どうぶつ病院に連れて行って、お薬もらったけど・・
その日の夜中に、はなちゃんは旅立ってしまった。

とても急だった。
夜になると、足が立たなくなって、呼吸が速くなって・・

はなももはうすの主役の、はなちゃん・ももちゃん、2匹がこの家に来てからの
長い年月を思う・・
それは、この家に引っ越して来てからの、私達夫婦の歴史そのもの・・
共に暮らした、14年と3ヶ月、楽しいことも、大変なことも、いろいろあった長い時間・・
でも、あっという間だった気がする。

これからは、クロちゃんと、私達夫婦の歴史が続いていく・・
どんなことが起こるのかな?
出来れば、楽しいことがいっぱいがいい!



いつまでも、いつも、幸せを感じられる日々が続きますように〜☆
皆さんにも・・☆